外構工事や防水工事はリフィームで行なう住宅サービス

屋根

代表的な方法

一軒家

防水性の塗料を塗る方法

防水性の高い塗料を屋上や外壁、そしてベランダなどへ塗布することによって、雨水などの侵入を防ぐという防水工事の方法があります。特殊な塗料を塗るだけなので、工期が短くてすむという大きなメリットがあります。また、他の方法にくらべると工事の費用も少なくなる傾向があります。

防水シートを全面に貼り付ける方法

防水シートを建物の外側全体に、ぺたりと貼り付ける方法です。この方法は、防水性能がとても高いことで有名であり、完全に雨水を遮断したいときに用いられる方法です。防水工事の中でも、費用と効果のバランスがもっともとれているとも言われており、迷ったときにはこれにしておくと大抵の場合満足できる結果となります。

シーリング防水は目張りする方法

シーリング防水というのは、建物の外壁や窓などの継ぎ目をシールしてしまう方法です。防水工事では、水の侵入を防ぐために、その侵入経路を塞いでいくという考え方のもと工事が行われます。外壁と外壁の隙間を、防水性の高い素材でシールして水漏れをなくすため、必要最小限の工事ですむという点が特徴です。

建物の特徴にもっともあった方法がベスト

たくさんある防水工事の方法のなかから、施工業者がベストな選択を提案します。建物の構造の違いや、材質の違い、そして築年数などによっても、どの方法がベストであるかは異なってきます。経験豊富で、施工実績のしっかりとした会社のアドバイスに従っておくことが大切になってきます。